アルコールの分解と仕組みなど

 

お酒に強い人・弱い人というのははっきりと分かれており、飲める人はいくら飲んでも潰れないのに飲めない人はビール一杯で顔が赤くなるなど、このギャップの大きさが時に問題を生みます。お酒を飲んだ翌日にもその差は表れ、飲めない人は二日酔いでとてもつらい思いをするものです。

 

また飲める人であっても、やはり飲み過ぎれば二日酔いに悩まされますよね。そんなときは、アルコールの分解を早めて二日酔いを予防しましょう。

 

二日酔いの原因はアセトアルデヒドが残ること

 

そもそも何故二日酔いは起こるのでしょうか?アルコールは脳にとって毒性を持つ物質であるため、体内に入ると解毒のための臓器である肝臓にてアセトアルデヒドという物質へと分解されます。

 

このアセトアルデヒドもまた毒性を持つので分解しなければならないのですが、この仕事もまた肝臓が受け持つのです。

 

そのためお酒をたくさん飲むと、肝臓はアルコールの分解とアセトアルデヒドの分解、両方の作業に追われることになり、アセトアルデヒドの分解が滞ってその影響として二日酔いが起こってしまいます。

 

アセトアルデヒド分解が二日酔い予防の秘訣!

 

アルコール・アセトアルデヒドの分解能力が低い、つまりお酒に弱い人にとってその影響はさらに顕著になります。

 

したがって、アルコールの分解を外からサポートし、肝臓の機能の全てをアセトアルデヒド分解に向かわせることで速やかに解毒を完了させることが、二日酔い予防に繋がるのです。

 

まとめると…二日酔いの原因は、アセトアルデヒドの分解が滞ること、そのた、え、肝機能アップがアルコール分解と二日酔い防止の条件!

 

 

\アルコール分解促進!肝機能アップサプリはこれ/

 

 

アルコールを分解する方法

 

 

二日酔いや悪酔いを防ぐために実践したいアルコールを分解する方法をまとめてみました。お酒に弱い人、翌朝を気にせず飲みたい人、二日酔いが辛い人、、などの方必見です。

 

アルコールを分解する飲み物

 

アルコールの影響を軽減して悪酔いや二日酔いを予防するには、まずお酒以外の飲み物を併用することでアルコールの回りを遅くしましょう。

 

さらに、アルコールには利尿作用がある上に、アルコールの分解・排泄にも肝臓と腎臓で水分を大量に消費するため、水分補給の意味でもお酒以外の飲み物は欠かせません。

 

定番は水

 

水分補給という意味では水を飲むのが最適ではありますが、それ以外にもアルコールの分解を助ける飲み物を取り入れて、速やかにアルコールを分解してしまいましょう。

 

飲む前後にウコン飲料

 

まず、ウコンに含まれるクルクミンは肝臓の機能を高めてアルコール分解を加速してくれるため、飲み会の前でも後でも有効なサポート成分です。

 

コンビニなどで売っているお酒対策用の栄養ドリンクには、このクルクミンを含むものが多くありますので、たくさん飲まなければならないことがわかっているならば事前に1本飲んでおくとだいぶ違います。

 

タウリンドリンクorしじみ汁

 

また、飲み会の終盤あたりに飲むといいのがタウリンです。タウリンも栄養ドリンクに含まれるお馴染みの成分ですが、しじみの味噌汁などにも豊富に含まれますので、もししじみの味噌汁がある飲み屋ならば終盤に頼むのもアリでしょう。

 

タウリンはアルコール分解後のアセトアルデヒドを分解する働きがあるため、お酒が回ってきてから飲むと二日酔い予防に繋がります。

 

ビタミンC入りジュースもあり

 

他には、アルコールの代謝で消費するビタミンCを補給するフルーツジュースや、アルコールの吸収を緩やかにする乳製品なども有用です。

 

アルコールの分解に良い食べ物

 

 

アルコールの影響に気をつけながらお酒を楽しむには、おつまみの有効活用が必要不可欠です。

 

おつまみは何であれアルコールの消化吸収と競合することでアルコールの血中濃度を上昇させる速度を緩やかにするため、とにかく食べながら飲むことが重要です。

 

さらにアルコールに作用する働きのあるおつまみならば、より二日酔いしにくくなる効果に期待できるでしょう。

 

チーズをはじめとした乳製品

 

まず、脂質の多い乳製品全般、例えばチーズなどは胃に粘膜を張りアルコールの吸収を妨げることで、アルコールの血中濃度上昇を緩やかにするだけでなく、アルコールが吸収される量自体を減らしてくれます。おつまみはお酒と一緒に食べるものですが、乳製品はお酒を飲む少し前から食べ始めると効果的です。

 

セサミン豊富なごま

 

またゴマはアルコールの代謝を促進するセサミンを含むため、積極的に取り入れたい食品です。とはいえゴマをそのまま食べることは通常しませんので、ゴマをたっぷり使うおつまみを用意するか、あるいはセサミンを含む栄養ドリンク・サプリメントを利用した方が楽ではあります。

 

大豆食品

 

その他、植物性たんぱく質を豊富に含む枝豆や大豆食品(豆腐など)はアルコールの代謝に必要なタンパク質の補給源となるため欠かせないものです。

 

タンパク源となるおつまみを食べずにお酒を飲むと、アルコールの分解がほとんど進まず悪酔いすることになりますので気をつけてください。低脂肪高タンパクのおつまみに何があるかは抑えておきたいところです。

 

アルコール分解に効く市販薬

 

 

お酒が飲めなくても飲み会に強制連行されて困るという人はたくさんいますので、そういった人を対象とした市販薬も数多く販売されています。

 

処方箋なしでドラッグストアで普通に購入できる市販薬は、あくまでアルコール分解に役立つという程度で魔法のような効果を授けてくれるわけではありませんが、それでも飲むのと飲まないのでは大きな違いがあります。

 

特にお酒に弱い人にとっては市販薬のおかげで潰れずに済んだということもあると思いますので、上手に活用してみましょう。

 

ハイチオールC
エビオス錠
レバウルソ

 

ドラッグストア・コンビニにあるアルコール分解促進飲料

 

ヘパリーゼ・ウコンの力

 

ヘパリーゼやウコンの力など定番の薬も、地味ながら確実にアルコールに効く薬です。どちらも肝臓の機能を高めることでアルコール分解を早めるというアプローチであり、肝臓の修復も行うなどアフターケアも受け持ちます。どちらも錠剤タイプ・ドリンクタイプがあり、それぞれ同様の効果が期待できます。

 

ノ・ミカタ

 

味の素が開発・販売する「ノ・ミカタ」はしじみ160粒分のアミノ酸を含むという謳い文句のアルコール分解薬です。主成分は謳い文句の通りアミノ酸の一種であるアラニンで、アミノ酸の中でも吸収速度が速いのが特徴です。

 

アミノ酸はアルコールの代謝に必要な栄養素ですが、おつまみからタンパク質を摂取しても消化吸収にまで時間がかかる分、アルコールが先に回ってしまうことは避けられません。

 

そこでノ・ミカタを飲んでアミノ酸を補充しておけば、お酒の飲み始めからすぐにアルコール分解の準備ができた状態を作ることができるのです。

 

アルコール分解するサプリ成分

 

 

アルコールを分解するには様々な栄養素が必要となり、それらの栄養素が不足した状態ではアルコールが効率的に分解されません。

 

アルコールの分解に時間がかかるということは二日酔いの起きやすさに直結しますので、必要な栄養素はしっかり摂取しておかなければなりません。

 

アミノ酸

 

まず第一に意識して摂取したいのは、各種アミノ酸です。アミノ酸はアルコールの代謝にも関わりますが、特にアルコール分解後に出る有害物質アセトアルデヒドの代謝に強く関わるものがあるため、二日酔い予防のためには絶対に摂取が必要です。

 

タンパク質が消化されるとアミノ酸に分解されるため、高タンパクなおつまみを食べていればある程度補給できているはずですが、サプリメントから補給する場合はオルニチンをはじめ、アラニンとグルタミンなどがおすすめです。

 

ビタミンA・C・E

 

また、アルコール代謝時に大量の活性酸素が発生し、これが肝臓の機能を低下させてアルコールの分解を遅くしてしまうのですが、活性酸素を無害化する栄養素を摂取しておくと、間接的ながらアルコールの速やかな分解に役立ちます。

 

基礎栄養素の中で活性酸素に対抗する作用があるのは、ビタミンA・C・Eや各種ポリフェノールなどです。

 

特にビタミンCはアルコール代謝にも大量に必要になる上に、体内での持続時間が極めて短い栄養素ですから、お酒を飲む前・お酒を飲んだ後・翌朝と3回サプリメントから補給しても万全とは言えないほどです。とにかくこまめに補給しましょう。

 

二日酔い・肝機能アップに「オルニパワー」

 

 

\オルニチン配合!30日分500円/